小林製薬のグルコサミンで体を健康に保つ|元気な体づくりの秘密

成分の量のメリット

栄養補助食品

推奨量と必要な量の違い

小林製薬のグルコサミンは通常必要とされる1600mgではなく、10%ほど多い1760mgのグルコサミンを一日量として含有しています。毎日7粒を摂取することよって1760mgのグルコサミンを摂取できるようになっており、この量が小林製薬によって推奨量とされているのが事実です。しかし、注意しておきたいのは必ずしもこの量が誰もに必要な量であるわけではないということであり、自分に合わせた量を決めていくことができます。小林製薬のグルコサミンは含有量が多いことから、一日に600mg程度で十分に効果が出てくる人の場合には30日分で実際には90日程度使用することができます。自分にとって必要な量がより少ないとわかるとよりお得に利用していくことができるのです。

他の成分の含有量も多い

小林製薬のグルコサミンにはグルコサミンが豊富なだけではなく、他の成分も豊富に含まれているのが特徴です。コラーゲンとビタミンCは特に関節のケアのためには有用な成分ですが、これらも1粒でそれぞれ3.77mg、2.97mgが含まれています。コラーゲンやビタミンCには上限量がありませんが、不足させてしまうと軟骨を作るのに支障がでてしまうことに加えて、一度に吸収できる量が限られていることからこまめに少しずつ摂取することが大切です。そのため、わずか数mgと感じてしまっても無駄なく吸収できる量となっています。グルコサミンが1760mgも必要ないという人も細かく分けて飲めるようになっているのが小林製薬のグルコサミンの特徴であり、他の成分も毎回無駄なく摂取できるのです。